大澤真幸

★大澤真幸『自由という牢獄――責任・公共性・資本主義』(岩波書店、2015/03、ISBN:4000610198) だが――と人は言うだろう――、われわれはすでに自由な社会に生きているのではないか。若干の抑圧や限界はあるが、少なくとも「先進国」とされる豊かな社会におい…

★大澤真幸『現実の向こう』(春秋社、2005/01、amazon.co.jp)#0069 2004年に神田三省堂で行った二回の講演にもとづく講義録に書き下ろしを一章加えた本。目次は以下のとおり。 第一章 平和憲法の倫理 1.問題状況 2.憲法と安全保障 3.二つの提案 4.民主主義…

★大澤真幸「ポスト虚構の時代」@神田三省堂本店 見田宗介の戦後日本の区分「理想の時代/夢の時代/虚構の時代」を、「理想の時代/虚構の時代」と整理しなおしたうえで、1995年のオウム事件を「虚構の時代の果て」と見立てて状況を分析してみせたのが、大…