映画

★荒井晴彦『争議あり——脚本家荒井晴彦全映画論集』(青土社、2005/10、amazon.co.jp) 複数の人間の協働によってつくられる作品では、最終的に出来上がった作品から、個々の参加者の貢献度合いを推し量るのはむつかしい。 私はかつてゲームの開発に携わって…

ここのところ立て続けに興味深い映画書が刊行されている。順にメモランダムを作成していこう(もちろん、映画書以外も)。 ★カレル・チャペック『チャペック映画術』(田才益夫訳、青土社、2005/10、amazon.co.jp) チェコの多才な作家カレル・チャペック(K…

★村井淳志『脚本家・橋本忍の世界』(集英社新書0305F、集英社、2005/08、amazon.co.jp) 日本映画史上、もっとも偉大な脚本家の世界。 『羅生門』『七人の侍』『真昼の暗黒』『私は貝になりたい』『切腹』等、数々の傑作を生みだしてきた脚本家・橋本忍。本…

★『成瀬巳喜男と映画の中の女優たち——生誕百年特別記念出版』(ぴあ、2005/08、amazon.co.jp) 名匠の名作を彩った女優39人。 蔵出しスチール400枚で綴る名匠の世界。 成瀬巳喜男フォトアルバム 成瀬映画のヒロインたち、そのしたたかさとさりげない美…

★阿部嘉昭『成瀬巳喜男——映画の女性性』(河出書房新社、2005/08、amazon.co.jp) 今年生誕100年を迎える、映画監督についての書き下ろし。女性を描くことに定評のあった名匠の映画術を、『浮雲』をはじめ12作品を中心に、さまざまな「映画の女性性」を考察。…

★北野圭介『日本映画はアメリカでどう観られてきたか』(平凡社新書285、平凡社、2005/08、amazon.co.jp) 日本映画は、アメリカでどのような評価を受けてきたのか? そういえば、たまさか個々の批評家や映画監督が日本映画やクロサワやオオシマについて語る…

もう一冊、みすず書房の新刊より。こちらは映画書。 ★田中眞澄『小津安二郎と戦争』(みすず書房、2005/07、amazon.co.jp) 1937年9月―1939年7月、一下士官として中国大陸で従軍。1943年6月には軍報道部映画班としてシンガポールに赴任、終戦の日を同地で迎…

★蓮實重彦+山根貞男編『成瀬巳喜男の世界へ』(リュミエール叢書36、筑摩書房、2005/07、amazon.co.jp) 今年2005年は、映画監督・成瀬巳喜男(1905-1969)の生誕百周年にあたる。この節目を記念した各種特集上映やDVDボックスセット(東宝)のリリースなど…

★『ペドロ・コスタ——世界へのまなざし』(せんだいメディアテーク、2005/03、amazon.co.jp) 2005年3月19日から29日まで、せんだいメディアテークで開催されたイヴェント「ペドロ・コスタ——世界へのまなざし」の冊子。 内容は以下のとおり。 ・蓮實重彦「冒…

★『kihachi——フォービートのアルチザン』(東宝出版事業室、1992/01、amazon.co.jp)#0417 『結婚のすべて』(1958)から『大誘拐——RAINBOW KIDS』(1991)までの詳細なフィルモグラフィを中心に、関係者の言葉、山根貞男氏による「岡本喜八論——雑草と映画的…

★淀川長治『淀川長治のシネマトーク』(マガジンハウス、1999/08、amazon.co.jp)#0400 淀川長治(よどがわ・ながはる, 1909-1998)氏が雑誌『anan』に1989年から1998年にわたって連載した「シネマトーク」から196本を編んだ一冊。見開き二頁ごとに一作品を…

★『CAHIERS DU CINEMA』 Nª 600, AVRIL 2005 #0376 R.W.ファスビンダー(Rainer Werner Fassbinde, 1945-1982)特集。ファスビンダーについてはポンピドゥー・センターにて、特集上映が行われている模様。 ⇒Centre Pompidou > RAINER WERNER FASSBINDER(仏…

★双葉十三郎編『映画講座 第1巻 映画の歴史』(三笠書房、1952/06)#0359 順序が逆になったが、第1巻は「映画の歴史」がテーマ。映画の歴史といっても1952年当時だから、いまの半分強程度の範囲である。 第2巻の「世界の映画理論」が欧米と日本に限定されて…

★上野一郎編『映画講座 第2巻 映画芸術の理論』(三笠書房、1953/04)#0358 三笠書房から出ていた『映画講座』(全4巻)の第2巻は、「映画芸術の理論」と題して、1950年代の時点から世界の映画理論を概観している。 二部構成で、第一部は「世界の映画理論」…

★大野裕之編『チャップリンのために』(とっても便利出版部、2000/11、amazon.co.jp)#0352 ・『ゴダールの肖像』(1997/04; 改訂版、2000/12、amazon.co.jp) ・『マルクスの現在』(1999/04、amazon.co.jp) ・『パゾリーニ・ルネサンス』(2001/06、amazo…

★大野裕之『チャップリン再入門』(生活人新書、NHK、2005/04、amazon.co.jp)#0351 「チャップリンに関しては、いろんな本に出てるので、よっぽど個性的な特別な質問をしなきゃだめだよ」とは、淀川長治(よどがわ・ながはる, 1909-1998)さんのお言葉。か…

★『拳銃は俺のパスポート』(日活, 84min) 監督=野村孝/脚本=山田信夫+永原秀一/原作=藤原審爾/撮影=峰重義/美術=松井敏行/出演=宍戸錠+ジェリー藤尾+小林千登勢+嵐寛寿郎+杉良太郎 抗争する二つの組織の一方に雇われ、敵対組織のボスを狙…

★品田冬樹『ずっと怪獣が好きだった——造形師が語るゴジラの50年』(岩波書店、2005/03、amazon.co.jp)#0330 核実験の影響により巨大な未知の生物が出現し、都市を襲い破壊する。巨体による蹂躙はもちろんのこと、口から放射能火炎を吐くこの怪物に、人類は…

★瀬川裕司+松山文子+奥村賢編『ドイツ・ニューシネマを読む』(Book Cinématèque 10、フィルムアート社、1992/01、amazon.co.jp)#0248 ドイツ・ニューシネマの代表作59本についての解説に、「オーバーハウゼン宣言以後のドイツ映画史」、「ドイツ・ニュー…

★David Bordwell, The Films of CARL-THEODOR DREYER(University of California Press, 1981amazon.co.jp)#0231 デヴィッド・ボードウェル(David Bordwell, 1947- )氏によるドライヤー論。本書の内容とボードウェル氏の書誌については後ほどまとめたい(…

★『映画論叢』10号(樹花舎、amazon.co.jp)#0181 ☆特集=生誕百年も過ぎたから、小津の話でもしよう ・小津安二郎「不敢立向腹」(新発見のエッセイ) ・冬樹薫「《小津安二郎監督特集》の系譜——回想のフィルム・センター」 ・兼松き太郎&渡辺浩「明治のカ…

★高野悦子『シネマ人間紀行』(新潮文庫た38-1、新潮社、1982/04)#0176* 映画を学びにフランス(IDHEC)に留学したことから、岩波ホールの誕生(1968年2月)、エキプ・ド・シネマの創設など、主に興行の側面から映画文化に携わってきた高野悦子氏の半自叙伝。…

★松本侑壬子『映画をつくった女たち――女性監督の100年』(シネマハウス、1996/04、amazon.co.jp)#0175* 世界の女性映画作家を一人あたり数ページをあてて紹介してゆく本。 現在〔1996年――引用者註〕世界には8000人の女性映画監督がいるといわれている。1979…

★石原郁子『女性映画監督の恋』(芳賀書店、2001/08、amazon.co.jp)#0174* 映画評論家石原郁子(いしはら・いくこ, 1953-2002)氏による女性映画監督・作品論。内外の女性映画監督による作品36本についての批評(第一部)と、女性映画監督の現在についての…

★CAHIERS DU CINEMA No.597, Janvier 2005 #0115 表紙は、AVIATORのディカプリオ。 #つづく

★『映画芸術』第54巻第4号通巻409号、2004年秋(編集プロダクション映芸)#0113 ☆特集=2004年秋の映画を襲撃する! おくればせながら。

★松本俊夫『映像の発見――アヴァンギャルドとドキュメンタリー』(三一書房、1963/12)#0107 1958年から1963年にかけて、『読売新聞』『映画批評』『記録映画』『映画芸術』『新日本文学』『現代詩』などに発表した論考を編集した、松本俊夫(まつもと・とし…

★『〈日本製映画〉の読み方 1980-1999』(Cine Lesson 6、フィルムアート社、1999/07、amazon.co.jp)#0104 フィルムアート社の Cine Lesson シリーズ。現代日本映画についてのカタログ的ガイドブック。

★Hélène Puiseux, l'aopcalypse nucléaire et son cinéma(Collection Septième Art, LES ÉDITIONS DU CERF 84, 1987, ISBN=2-204-02740-5) #0103 核戦争(広島・長崎への原爆投下を含む)とそれにかかわる映画の分析を行った映画論。 #つづく

★足立正生『映画/革命』(聞き手=平沢剛、河出書房新社、2003/01、amazon.co.jp)#0102 若松孝二の『時効なし。』(ワイズ出版、2004/12)を読んだからには(cf. http://d.hatena.ne.jp/yakumoizuru/20050115#p2)、足立正生(あだち・まさお, 1939- )の…

★野上正義『ちんこんか――ピンク映画はどこへ行く』(三一書房、1985/09)#0082 若松孝二監督の『鉛の墓標』がデビュー作という、「ガミさん」こと俳優・野上正義氏のエッセイ・対談集。対談相手は、原田芳雄、山本晋也、竹中労。 原田芳雄との対談で、なぜピ…

★高野悦子『女性が映画をつくるということ』(朝日文庫た38-1、朝日新聞社、2000/12、amazon.co.jp)#0081 1984年の国際女性映画週間をプロデュースした高野悦子(たかの・えつこ, 1929- )による女性映画をめぐる考察。高野氏は、1958年、映画監督をめざし…

★スラヴォイ・ジジェク『ヒッチコック×ジジェク』(鈴木晶+内田樹、2005/01、amazon.co.jp)#0075 Slavoj Zizek, Everything You Always Wanted to Know about Lacan (But Were Afraid to Ask Hitchcock(Verso, 1992) 原書の書名は『あなたがつねづねラカン…

★『第七官界彷徨――尾崎翠を探して』【映画プログラム】 ★『百合祭』【映画プログラム】

★田中純一郎『活動写真がやってきた』(中公文庫、中央公論社、1985/08)#0068 映画史研究家・田中純一郎による、活動写真舶来から太平洋戦争期までの日本映画史を語る一冊。親本は、『日本映画史発掘』(冬樹社、1980/04)の改稿・改題版。 ⇒作品メモランダ…

★浜野佐知『女が映画を作るとき』(平凡社新書258、平凡社、2005/01、amazon.co.jp)#0056 たとえば日本の女性映画監督の名前をあげよ、といわれたら何人くらい思い浮かべることができるだろうか。 本書によれば、日本映画監督協会の会員に占める男女比は、2…

ストローブ=ユイレ関連書

ところで、ストローブ=ユイレの映画に関しては、たいへんに便利でよく出来た本がある。 ★細川晋編『ストローブ=ユイレの映画』(アテネフランセ文化センター+神戸ファッション美術館監修、1997/12、amazon.co.jp) 1997年にストローブ=ユイレ映画祭が開…

★読売新聞社編『映画100物語 外国映画篇 リュミエールからスピルバーグまで、映画がつくった20世紀』(読売新聞社、1995/07、amazon.co.jp) 名作でたどる映画史の本。1ページから2ページごとに一作品を紹介する気軽な体裁。なぜ、どういう基準でこれらの作…

★芝山幹郎『映画は待ってくれる』(中央公論社、1998/04、amazon.co.jp) 『キネマ旬報』の連載映画エッセイ「オールモスト・クール」を編んだ一冊。エッセイというスタイルで映画についてなにかを語るということは、結局のところその語り手がそれまでに経て…

★上野昂志編『鈴木清順全映画』(立風書房、1986/12) ・上野昂志「振り出しに戻る監督」 ・蓮實重彦+山田宏一+山根貞男+上野昂志「映画はひとを成熟させない」 ・「清順インタビュー あと三十本は撮れる」 ・上野昂志「鈴木清順戦う――日活解雇・作品封鎖…

★ジャック・マシューズ『バトル・オブ・ブラジル――『未来世紀ブラジル』ハリウッドに戦いを挑む』(柴田元幸訳、ダゲレオ出版、1989/04) Jack Mathews, The Battle of Brazil (1987) この本は一人の映画監督と、一人の大手映画会社社長との闘いの記録である…

★『VISAGE』Vol.3 Avril. 1989(青木書店、1989) ☆特集=ぼくも伯父さん ・「ジャック・タチとの対話」(聞き手=セルジュ・ダネイ+ジャン=ジャック・アンリ+セルジュ・ル・ペロン)

★『Switch』SPECIAL ISSUE.3(スイッチ・コーポレイション、1990/01) ・特集=映画監督ジョン・カサヴェテス??アメリカに曳かれた影 超充実のカサヴェテス特集号を敬愛する友から賜った。

★『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』第11号(フィルムアート社、1994/03) ・クリスティーヌ・ローラン+パスカル・ボニッツェール「ジャック・リヴェット『ジャンヌ』をめぐって」ほか

★『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』第3号(フィルムアート社、1992/03) ・リヴェット「映画における視線の根源的な形態は切り返しなのだ」(インタヴュー) ・エマニュエル・ベアール「この映画を25歳の美しい記念碑としてわたしひとりに譲ってほしかった…

★『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』第0号(フィルムアート社、1991/03) ・ジャック・ドワイヨン/ジャック・リヴェット「愛の狂気、映画の愛」ほか いつか全目次情報を作ろう。

★『ジャック・リヴェットと美しき女優たち』(リヴェット・フィルム・コレクション volume 1、コムストック、1993/07) ・蓮實重彦「どこまでも不安定で曖昧な」 ・中条省平「ジャック・リヴェットの密かな愉しみ」 ・筒井武文「リヴェットと映画??そのささ…

★サンドリーヌ・ボネール『ジャンヌ——ある映画撮影の物語』(細川晋訳、フィルムアート社、1995/04) Sandrine Bonnaire, Le Roman d'un tournage (Editions Jean-Claude Lattès, 1994) ジャック・リヴェットの映画『ジャンヌ』(『愛と自由の天使』『薔薇の…

★クリスチャン・メッツ『映画と精神分析——想像的シニフィアン』(鹿島茂訳、白水叢書57、白水社、1981/08) Christian Metz, LE SIGNIFIANT IMAGINAIRE, PSYCHANALYSE ET CINÉMA (Union générale d'Editions, 1977) 全4章のうち第3章までの抄訳。

★山田宏一『山田宏一の映画教室 vol.1??フランソワ・トリュフォーの映画誌』(平凡社、2004/08、amazon.co.jp) トリュフォーを20の項目で観る。「エッフェル塔」「813」「リュミエール」「「カイエ・デュ・シネマ」とヌーヴェル・ヴァーグの仲間たち」「ロ…