2004

チェスタトン『求む、有能でないひと』

★G. K. チェスタトン『求む、有能でないひと』 (阿部薫訳、妹尾浩也装幀、237ページ、国書刊行会、2004/02、1800円+税、ISBN:4336046190) 本書は、訳者の阿部薫氏による編訳書。G. K. チェスタトン(Gilbert Keith Chesterton, 1874-1936)のエッセイを選…

また、相棒・吉川浩満との共著『心脳問題——「脳の世紀」を生き抜く』(朝日出版社、2004/06、amazon.co.jp)の増刷が決定しました。ご愛読ありがとうございます。サールの本の少し後に書店に並ぶ予定です。 この第2刷では初刷で発見された誤植を訂正していま…

★『ライフ・イズ・ミラクル』(154min, 2004) ZIBOT JE CUDE 古来、色恋に騒動はつきもので実生活はもちろんのこと、創作の世界にもゴマンと例がある。 古くはホメロスの作といわれる『イリアス』(成立は前8世紀とも)などは、色恋とそれが引き起こす騒動…

★『ソドムの市』(2004) 『リング』『女優霊』の脚本家・高橋洋(たかはし・ひろし)氏の監督作品『ソドムの市』(2004)を観る。 合成画面であることやワイヤー、無理な設定(30代が10歳の子供を演じるなど)を隠そうともしないチープな演出、全編にちりば…

★杉浦康平『疾風迅雷——杉浦康平雑誌デザインの半世紀』(DNPグラフィックデザイン・アーカイブ、2004/10、amazon.co.jp) 世間には「本は中味が読めればそれでいいのだ!」という装幀に顧慮しない書物と、「一冊の書物にここまでするのか」という書物とがあ…

★「ネフェス(呼気)」(2003) ピナ・バウシュとヴッパタール舞踊団の来日公演は、「ネフェス(呼気)」(Nefés)。 イスタンブールに触発され構想されたという130分(2部構成)の舞踊。 上半身を露わにして腰に白い布を巻いた男性が床に寝そべって「私がハ…

★『ミリオンダラー・ベイビー』(133min, 2004) 「ボクシングってのは自然に反した行動なんだ」声が囁いた。「おれが言ってることがわかるか? ボクシングは、何もかも生きることに反している。左に動きたいなら、左側に踏み出してはいけない。右の爪先を出…

泡音楽

アンゲロプロスの新作『エレニの旅』を観にいったら、ジャン=リュック・ゴダールの『Notre Musique』予告編が流れていた。 日本でも日仏学院などで先行的に上映されているこの作品、秋には一般公開される様子で未見のわたくしはいまから心待ちにしている一…

★『エレニの旅』(170min, 2004) ΤΡΙΛΟΓΙΑ: ΤΟ ΛΙΒΑΔΙ ΠΟΥ ΔΑΚΡΥΖΕΙ テオ・アンゲロプロス(Θεοδωροσ Αγγελοπουλοσ, 1935- )の『エレニの旅』を観る。 1919年、赤軍のオデッサ入城によってかの地に暮らしていたギリシア人の一団が、難民としてテサロニキに…

★柳父章『近代日本語の思想——翻訳文体成立事情』(法政大学出版局、2004/11、amazon.co.jp)#0373* 日本語には元来「主語」に該当する言葉はなかった、とは日本語学業界ではしばらくまえから一定の賛同者を持つ説で文献を読むと、門外漢でもなるほどと納得す…

★『バッド・エデュケーション』(105min, 2004) LA MALA EDUCACION ペドロ・アルモドバル(Pedro Almodóvar, 1951- )の作品に登場する人物は、誰もが単純に割り切れない複雑さを備えている。単に来歴や趣味が複雑なだけではなく、図式的な映画でなら善/悪…

★三角みづ紀『オウバアキル』(思潮社、2004/11、amazon.co.jp)#0366* 読みながら既視感を覚える詩集だった。世界のなかに居場所が見つからない「私」のモノローグに満ちている。いじめ、薬、不安、リストカット/自傷行為、死、性、精神科。 なぜ既視感が…

★John R. Searle, Mind: A Brief Introduction (Fundamentals of Philosophy, MIT Press, 2004/08, amazon.co.jp) 昨日から「第十章 知覚」にとりかかる。知覚の対象自体と、その対象についての感覚与件(センス・データ)の関係をめぐる議論。ヒューム、ロ…

★John R. Searle, Mind: A Brief Introduction (Fundamentals of Philosophy, MIT Press, 2004/08, amazon.co.jp) 「第八章 自由意志」に進む。論争が絶えないこのテーマ、サールはどう料理するのか/しないのか、たのしみ。

★John R. Searle, Mind: A Brief Introduction (Fundamentals of Philosophy, MIT Press, 2004/08, amazon.co.jp) 第六章「志向性」に進む。 サールには、『志向性——心の哲学』(坂本百大監訳、藤本隆志+坂井秀壽+野矢茂樹+渡辺忠+大杉佳弘+信原幸弘+…

★John R. Searle, Mind: A Brief Introduction (Fundamentals of Philosophy, MIT Press, 2004/08, amazon.co.jp) 引き続き第四章「意識 I——意識と心身問題」を繙読。心身問題に対するサール自身の立場を「生物学的自然主義」と標榜。

★John R. Searle, Mind: A Brief Introduction (Fundamentals of Philosophy, MIT Press, 2004/08, amazon.co.jp) 第四章「意識 I——意識と心身問題」にとりかかる。前章まで、「心の哲学」の諸問題の解説に紙幅を割いてきたサールが、そろそろ自説を開陳し…

★John R. Searle, Mind: A Brief Introduction (Fundamentals of Philosophy, MIT Press, 2004/08, amazon.co.jp) 第二章「唯物論への展開」を読解中。前章で検討した二元論の困難をうけて前景化した唯物論のさまざまなヴァージョンが順次俎上にのぼせられ…

★Roger Penrose, THE ROAD TO REALITY: A COMPLETE GUIDE TO THE LAWS OF THE UNIVERSE(KNOPF, 2004, amazon.co.jp)#0291 ロジャー・ペンローズ(Roger Penrose)の新著は、1000ページを超える総決算的大著。にわかには読了しないと思うけれど、のちほど全3…

★Umberto Eco, on literature(translated by Martin McLaughlin, Harcourt, 2004/11, amazon.co.jp)#0209 ウンベルト・エーコ(Umberto Eco)の2002年の書物Sulla Letterature(『文学について』)の英訳版。目次を見ると、「『共産党宣言』の文体について…

★ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ『ピラネージ建築論 対話』(横手義洋訳、岡田哲史校閲、acetate 004、編集出版組織体アセテート、2004/10、ISBN=4902539047) Giovanni Battista Piranesi, PARERE SU L'ARCHITETTURA(1765) 同書をご紹介した拙ウェ…

2005年03月01日のエントリー(http://d.hatena.ne.jp/yakumoizuru/20050301#p1)でご紹介した—— ★高橋準『ファンタジーとジェンダー』(青弓社、2004/07、amazon.co.jp) について、著者の高橋準さんのブログ(id:june_t)で、訂正箇所と同書に収録されなか…

★松本清張『日本の黒い霧』(上下巻、文春文庫ま1-97、2004/12、amazon.co.jp)#0283-284 『現代思想』2005年03月号(青土社)の「特集=松本清張の思想」に触発されて、ひさしぶりに清張熱が高まる。といってもものの本によれば、清張作品は700編を越えると…

★高橋準『ファンタジーとジェンダー』(青弓社、2004/07、amazon.co.jp)#0271 ヴィデオ・ゲーム制作の現場にしばらくいた経験を省みると、創作の場面においてジェンダーの問題が自覚されることは稀なことである。もちろん、「女性向けゲーム」などのように…

★スラヴォイ・ジジェク+グリン・デイリー『ジジェク自身によるジジェク』(清水知子訳、河出書房新社、2005/02、amazon.co.jp)#0246 Slavoj Zizek+Glyn Daly, Conversations with Zizek (Polity, 2004, amazon.co.jp) 本当は映画作家になりたかったジジェ…

★Félix Guattari, Écirits pour L'Anti-Œdipe(LIGNES & MANIFESTE, 2004)#0245 フェリックス・ガタリとジル・ドゥルーズによる共著『アンチ・オイディプス』のためのガタリの草稿を中心に編まれた一冊。編者は、ステファヌ・ナドー(Stéphane Nadaud)。 #…

★L'Herne, 83 (Éditions de l'Herne, 2004)#0244 600頁超のジャック・デリダ特集号。内容については後ほどレポートします。 ⇒Éditions de l'Herne(仏語) http://www.editionsdelherne.com/ IE(Internet Explorer)用に作られているようです。それ以外のブ…

★森奈津子『西城秀樹のおかげです』(ハヤカワ文庫JAモ3-1、JA772、早川書房、2004/11、amazon.co.jp)#0232 巻頭に置かれた表題作「西城秀樹のおかげです」(1997)、読み始めて二頁目で笑う。嗚呼、近頃小説を読んでいて二頁目で笑ったのはいったいいつ以…

★大川正彦『マルクス いま、コミュニズムを生きるとは?』(シリーズ・哲学のエッセンス、NHK出版、2004/11、amazon.co.jp)#0226 #つづく

★内田樹『他者と死者――ラカンによるレヴィナス』(海鳥社、2004/10、amazon.co.jp)#0208 #つづく

★林道郎『絵画は二度死ぬ、あるいは死なない3――Robert Ryman』(ART TRACE、2004/09)#0204 林道郎(はやし・みちお, 1959- )氏による絵画をめぐる講義「絵画は二度死ぬ、あるいは死なない」の記録。講義は全7回で、一回分ごとに一冊の冊子として刊行される…

★林道郎『絵画は二度死ぬ、あるいは死なない2――Brice Marden』(ART TRACE、2004/07)#0203 林道郎(はやし・みちお, 1959- )氏による絵画をめぐる講義「絵画は二度死ぬ、あるいは死なない」の記録。講義は全7回で、一回分ごとに一冊の冊子として刊行される…

★辻邦生『言葉の箱――小説を書くということ』(中公文庫つ3-19、中央公論新社、2004/08、amazon.co.jp)#0200 辻邦生(つじ・くにお, 1925-1999)が1993年から1994年にかけてCWS創作学校で行った講演「小説の魅力」の記録。親本は、2000年4月にメタローグから…

★ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ『ピラネージ建築論 対話』(横手義洋訳、岡田哲史校閲、acetate 004、編集出版組織体アセテート、2004/10、ISBN=4902539047)#0177 Giovanni Battista Piranesi, PARERE SU L'ARCHITETTURA(1765) ジョバンニ・バッ…

★『LEFT ALONE 1』 #つづく

★小林旭『さすらい』(新潮文庫こ34-1、新潮社、2004/12、amazon.co.jp)#0160 #つづく

★テッサ・モーリス=スズキ+吉見俊哉編『グローバリゼーションの文化政治』(グローバリゼーション・スタディーズ2、平凡社、2004/11、amazon.co.jp)#0140* グローバリゼーション・スタディーズ叢書第2巻(第1巻は、山之内靖+酒井直樹編『総力戦体制から…

★『アーキラボ――建築・都市・アートの新たな実験1950-2005』(平凡社、2004/12、amazon.co.jp)#0139 同展覧会@森美術館の図録。詳細については、同展についてのメモランダム作成時に。 #つづく 「メタボリズム」「脱構築主義」など、1950年代以降、世界の…

★日夏露彦『日本美術・負の現在』(ART VILLAGE、2004/10、amazon.co.jp)#0138 美術評論家・日夏露彦(ひなつ・つゆひこ, 1939- , 本名=中島洋光)の美術評論集。 百年にわたる”上からの近代化”によって”負”へと閉塞した日本美術。国際化へと開くための提…

★小谷野敦『すばらしき愚民社会』(新潮社、2004/08、amazon.co.jp)#0059 雑誌『考える人』(新潮社)に連載された「大衆社会を裏返す」を加筆・集成した一冊。おもろい。

★若松孝二『時効なし。』(小出忍+掛川正幸編、ワイズ出版、2004/12、amazon.co.jp)#0057 映画監督若松孝二(わかまつ・こうじ, 1936- )への聞き書きで構成する映画人生回顧録。一見デタラメな人生(←これ、褒め言葉)とけじめのある言動のバランス*1。 …

★『日本作曲家選集 伊福部昭』(NAXOS, 8.557587J, 2004) 「シンフォニア・タプアーラ」(1954、1979改訂)、「ピアノとオーケストラのためのリトミカ・オスティナータ」(1961)、(あの)「SF交響ファンタジー第1番」(1983)を収録。

★Robert Schumann, Symphonies 1-4(ARTE NOVA CLASSICS, 82876 57743 2, 2004) David Zinman + Tonhalle Orchestra Zurich

★J.S.Bach, Goldberg variations(AVCL-25026, 2004) 高橋悠治によるJ.S.バッハ「ゴルトベルク変奏曲」(BWV988)。

★『スペース・シアター EXPO'70鉄鋼館の記録』(TOWER RECORDS RCA Precious Selection 1000 No.25, TWCL-1026, 2004/12) 大阪万博(1970)のパビリオン「鉄鋼館/スペース・シアター」での上演用に作曲された武満徹「クロッシング」、高橋悠治「エゲン」、…

★浦雅春『チェーホフ』(岩波新書新赤版926、岩波書店、2004/12、amazon.co.jp) 今年(2004年)、没後100年で、国内でも関連書が多数刊行されたA.P.チェーホフの評伝。

★NEW LEFT REVIEW 30 NOV/DEC 2004 (Verso) #目次

★読売新聞校閲部『年表で読む情報百科』(中公新書ラクレ160、中央公論新社、2004/12、amazon.co.jp) 国際問題、政治、経済、災害、文化、スポーツほか諸分野について、テーマごとの年表を集めた本。年表はいずれも2から数頁以内におさめられた小さなものな…

★工藤幸雄『ぼくの翻訳人生』(中公新書1778、中央公論新社、2004/12、amazon.co.jp) ポーランド文学(ほか)の翻訳家・工藤幸雄氏(くどう・ゆきお、1925- )による翻訳人生回顧録。工藤氏がどのようにして翻訳の道へはまりこんだか、そしてどのような書物…

★ジャック・デリダ『アデュー エマニュエル・レヴィナスへ』(藤本一勇訳、岩波書店、2004/12、amazon.co.jp) Jacques Derrida, ADIEU, à Emmanuel Lévinas(Editions Galilée, 1997) レヴィナス(1906-1995)への弔辞として読まれた/書かれた「アデュー」…