読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時と雑誌と私

work fold コマプレス


コマプレスから新創刊の雑誌「Fold」のアンケートに答えました。


見本誌を見ると、フォルダーにとりどりの紙片が挟み込まれたもので、綴り合わされる前の書物、あるいは、解体された後の書物といった風情です。


アンケートは「時と雑誌と私」というタイトルで、「いままでに身体を駆け抜けた雑誌はありますか。それは具体的に何ですか。その雑誌にまつわるエピソードも添えて自由にお書きください」など、四つの設問から成っています。


目次はつぎの通り。

Editorial i 雑誌「fold」の創刊によせて


Section 01 | Response 1-8 アンケート企画「時と雑誌と私」
 A4 紙片・全8 枚
 寄稿:飯沢耕太郎岡田利規、小崎哲哉、金氏徹平栗原裕一郎後藤繁雄、木幡和枝、シトウレイ、柴幸男、柴川敏之、菅付雅信、杉本博司仲俣暁生藤井貞和藤森照信、 保坂健二朗、matohu、三中信宏、宮島達男、山本貴光、178773(全21 組)


Section 02 | Interview
 B5 冊子・20 ページ
 1 詩人・吉増剛造インタビュー
 9 演出家・岸井大輔インタビュー
 15 美術評論家・酒井忠康インタビュー


Section 03 | Column & Review 1
 A4 紙片・全6 枚
 1失われる「小さな記憶」―現代における電子媒体の発達と情報保存の危機 文:北村 紗衣
 3 「杉本博司 歴史の歴史」展レビュー 文:横山 由季子
 5 雑誌考? 『an an』と堀内誠一 文/ 地図:大池 惣太郎


Appendix 01 | Epigraph 時にまつわる引用句集
 カード1 枚(全30 種) 001-030
Appendix 02 | Postcard 時をおくる絵はがき
 絵はがき3 枚 「時間の中の都市―北仲?〜?」
Appendix 03 | Recipe 時を想起するレシピ
 レシピシート1 枚 「寺田寅彦のシュークリーム」


また、2009年07月25日(土)に、同誌創刊を記念したイヴェントが開催されるとのことです。

un-fold vol.1――雑誌「fold」創刊記念トークイベント


日時:2009年07月25日(土)18:00-21:00
場所:東京大学駒場キャンパス18号館ホール


ゲスト
第1部:杉本博司、matohu
第2部:後藤繁雄、木幡和枝


入場料:1000円(参加者には創刊号〔通常1000円〕を1冊進呈)


⇒fold
 http://fold.jp/


⇒コマプレス こちらFold編集部!
 http://d.hatena.ne.jp/komapress/