読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図像蒐集#003 B-2



パネルB-2

世界の支配者としてのヘラクレス、獣帯に割り当てられた、彼の身体の部分、
15世紀の写本、
パリ、国立図書館(Ms. gr. 2419, fol. 1r.)。

(『ムネモシュネ・アトラス』、p.20)


■メモランダム


・「獣帯人間(zodiac man; l'homme zodiaque)」の図を見つけられるだけ集めて、
 1) 時代順
 2) 図形としての類似
 3) 対応関係の類似
 などの各種基準によって並べてみること。


・人体と天体を結びつける発想の根とヴァリエーションを辿ってみること。


・マニリウスの『アストロノミカ』の発想は、どこから来たのか。


・後のパネルでも言及される古代バビロニアにおける肝臓占いや、古代インド、古代中国などにおいて、占星術の発想には、どのような共通点と相違が見られるか。天文と人文(じんもん)の関係にまつわる文化誌。


■図像へのリンク


SPAZIO > 小池寿子「身体をめぐる断章 その13 体液の脅威」
 http://www.nttdata-getronics.co.jp/profile/spazio/spazio66/koike/index.htm
 瀉血と天体図の組み合わせによる「占星術的人体」への言及で上図も参照されている。


⇒museo galileo > Philosophers and the cosmos > Heavenly medicine
 http://brunelleschi.imss.fi.it/galileopalazzostrozzi/object/HeavenlyMedicine.html


■資料へのリンク



⇒Bibliothhèque nationale de France > Expositions virtuelles > Ciel & Terre > 3 L'homme zodiacal
 http://expositions.bnf.fr/ciel/entre/index3.htm
 フランス国立図書館の展示にある「獣帯人間」の項目


⇒Luminarium > Anniina Jokinen,“Zodiac Man: Man as Microcosm.”
 http://www.luminarium.org/encyclopedia/zodiacman.htm
 多数の「獣帯人間」の図像を引用紹介している。


■関連文献


★Zoè Fachan, L'homme zodiaque: L'astorologie tèmoin des noces de l'homme et de l'univers (Editions AGEP, 1991)


★Alexander Roob, Alchemy & Mysticism: The Hermetic Museum (TASCHEN)
 アレクサンダー・ロープ『錬金術神秘主義――ヘルメス学の博物館』(TASCHEN、2004)
 図像集。「マクロコスモス」と「ミクロコスモス」の部に、関連図像が掲載されている。


■『ムネモシュネ・アトラス』


⇒版元ドットコム > 『ムネモシュネ・アトラス』
 http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-7566-1222-9.html


⇒作品メモランダム > 2012/04/05 イメージの巨大地図を読み解く
 http://d.hatena.ne.jp/yakumoizuru/20120405/p1


*文献など、関連情報は随時追記してゆきます。