読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


2014年に創設された新しい出版社、共和国の新刊2点を手にせんと新宿紀伊國屋書店に赴いた……のだが、肝心の本に辿り着く前に、別の本に気を奪われてしまった(次回こそは……)。


★高橋雅延『記憶力の正体――人はなぜ忘れるのか』(ちくま新書1077、2014/06、ISBN:4480067809


★J.ヒリス・ミラー『文学の読み方』(馬塲弘利訳、岩波書店、2008/11、ISBN:400024647X
 J. Hillis Miller, On Literature (2002, ISBN:0415261252)の翻訳書。とりわけ第1章「文学とは何か」、第2章「バーチャル・リアリティとしての文学」になにが書いてあるのかを読みたくて。


★郷原佳以選「シクスー/デリダ『ヴェール』の星座」(じんぶんや第97講、紀伊國屋書店新宿本店3F)
 エレーヌ・シクスー+ジャック・デリダ『ヴェール』(みすず書房、2014/03、ISBN:4622078112)を訳され、『文学のミニマル・イメージ――モーリス・ブランショ論』(左右社、2011/03、ISBN:4903500497)などの著書もある郷原佳以さん(https://twitter.com/deja_lu)によるブックガイド。デリダといえば、月曜社の「叢書・エクリチュールの冒険」から翻訳刊行されたニコラス・ロイル『デリダと文学』(中井亜佐子+吉田裕訳、月曜社、2014/06、ISBN:4865030158)も気になる書目であります。読んでみよう。


⇒共和国
 http://www.ed-republica.com/