読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガリレオは、いかに裁かれたのか

book

★田中一郎『ガリレオ裁判――400年後の真実』(岩波新書1569、2015/10)

ガリレオが地動説を唱えたことでローマ教会によって裁判で有罪とされたことは、よく知られているところ。

では、実際の裁判はどういう経過を辿ったのか。ガリレオ裁判資料を読み解き、実際のところ、誰によって、何が、どのように審議されたのか、ガリレオを巡る宗教裁判に焦点をあてた本。

冒頭で紹介されるナポレオンのローマ侵攻の際にヴァチカンからフランスへ持ち出されたガリレオ裁判資料が辿る数奇な運命は、それだけで魅力ある歴史の物語になりそう。

 

■目次

はじめに

第1章 ガリレオを愛したナポレオン

第2章 宗教裁判

第3章 天文観測による発見――興奮と忍び寄る危機

第4章 序幕――一六一六年の宗教裁判

第5章 『天文対話』

第6章 裁判の開始

第7章 第一回審問――一六三三年四月一二日

第8章 第二回審問――四月三〇日

第9章 第三回審問――五月一〇日

第10章 判決

第11章 「それでも地球は動いている」

おわりに

主要登場人物

あとがき

主要参考文献

 

■関連文献

『ガリレオ・ガリレイ全集』は、以下のサイトで閲覧できる。

Portale Galileo

 

フランスの書籍アーカイヴGallicaでの検索結果。

⇒Gallica > opere di Galileo Galilei

 http://gallica.bnf.fr/services/engine/search/sru?operation=searchRetrieve&version=1.2&query=%28gallica%20all%20%22opere%20di%20Galileo%20Galilei%22%29

 

また、本書で参照されているガリレオ裁判の記録、Sergio M. Pagano, I Documenti del processo di Galileo Galilei (Cittadel Vaticano, 1984)とSergio M. Pagano, I Documenti Vaticani del processo di Galileo Galilei (1611-1741) (Cittadel Vaticano, 2009) は、以下のサイトで参照できる。

⇒Sergio M. Pagano, I Documenti del processo di Galileo Galilei (1984年版)

 http://www.documentacatholicaomnia.eu/03d/1984-1984,_Pagano._Sergio,_Documenti_Del_Processo_di_Galileo_Galilei,_IT.pdf

⇒Sergio M. Pagano, I Documenti Vaticani del processo di Galileo Galilei (1611-1741) (2009年版)

 I documenti vaticani del processo di Galileo Galilei (1611-1741)

 

ガリレオ裁判――400年後の真実 (岩波新書)

ガリレオ裁判――400年後の真実 (岩波新書)

 

 ⇒岩波書店 > 同書紹介ページ

 http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn=ISBN4-00-431569