読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子のライオン堂より『草獅子』創刊

書店、双子のライオン堂が創刊した文芸誌『草獅子(そうしし)』創刊号が11/23に刊行されます。

特集は「終末。あるいは始まりとしてのカフカ」。

 

f:id:yakumoizuru:20161122221539j:plain

 (書影は、下記公式サイトのものです)

 

私は特集とは別に書評「絶望から始める文学論」を寄稿しました。

とりあげたのは夏目漱石の『文学論』です。

当初、書評の枠でご依頼をいただいたのですが、蓋を開けてみたら、他の評者たちが現代の作品をとりあげているなか、一人だけ100年前の本を俎上に載せたためか、「書評」コーナーとは別の「古典再読」というコーナーに入れていただきました。お手数をおかけして恐縮至極でございます。

 

詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

 

⇒本屋発の文芸誌『草獅子』/公式サイト
 http://soushishi.liondo.jp/

 

⇒双子のライオン堂
 http://liondo.jp/