読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「紀伊國屋じんぶん大賞2017――読者と選ぶ人文書ベスト30」

「紀伊國屋じんぶん大賞2017――読者と選ぶ人文書ベスト30」が決まったとのことです。

 

これは、読者からの投票によってその年に刊行された人文書からベスト30を選ぶというイヴェントであります。

 

昨年は、岸政彦さん『断片的なものの社会学』(朝日出版社)が1位に選ばれました。(岸さんは芥川賞候補に選ばれておりますね)

 

今年は、加藤陽子さん『戦争まで――歴史を決めた交渉と日本の失敗』(朝日出版社)が見事1位となりました。加藤先生、おめでとうございます!

 

岸さんの本と加藤さんの本は、いずれも朝日出版社第二編集部が手がけたものです。それぞれ大槻美和さん鈴木久仁子さんがご担当。

 

じんぶん大賞2016については、斎藤哲也さん、吉川浩満くんとともに、じんぶん大賞のプレイベントで「「じんぶん」のモンダイを語る」と題して鼎談をしました。その際、控え室でその年のじんぶん大賞はなにになるかなと3人で予想した結果、満場一致で岸さんの本でしょうという見立てになりました。

 

また、今回のじんぶん対象2017については、やはり上記の3人で行ったゲンロンカフェの鼎談「『人文的、あまりに人文的』な、2016年人文書めった斬り!」で、加藤陽子先生の『戦争まで』が1位になると予想したのでした。

 

というわけで、2年連続で1位を当てたわけですが、こうなってくると来年も当てねばならないという気持ちになってくるから不思議です(誰にも頼まれていませんが!)。

 

あ、そうそう、拙著『「百学連環」を読む』(三省堂)も20位に選んでいただきました。投票してくださったみなさま、ありがとうございました!

 

なお、紀伊國屋書店では、2月10日からじんぶん大賞にかんするブックフェアを開催する予定とのこと。「加藤陽子氏の大賞受賞コメントならびに読者からの推薦コメントを掲載した小冊子を店頭にて無料配布いたします」(紀伊國屋書店ウェブサイトより)というわけで、楽しみにしたいと思います。

 

www.kinokuniya.co.jp

yakumoizuru.hatenadiary.jp

yakumoizuru.hatenadiary.jp