読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤーコプ・ヴァッカーナーゲル『統語論についての講義Ⅰ』

酒見紀成氏のページに、スイスの言語学者ヤーコプ・ヴァッカーナーゲル(1853-1938)による『統語論についての講義Ⅰ』の訳文が公開されています。

原著、Jacob Wackernagel, Vorlesungen über Syntax mit besonderer Berücksichtigung von Griechisch, Loteinisch und Deutsch-Erste Reihe (Birkhäuser Verlag, Basel, 1950)の初版は1920年刊行で、翻訳の原文は1950年の第2版とのこと。

全XLIX章(49)のうち第XXXIII章(33)まで訳されています。

 

同書は、比較的最近、英訳も出ているようですね。

Jacob Wackernagel, Lectures on Syntax: with special reference to Greek, Latin, and Germanic (edited and translated by David Langslow, New York: Oxford University Press, 2009, [original edition: 1920-1924]).

 

★広島工業大学の酒見紀成氏のページ
 http://www.ec.it-hiroshima.ac.jp/sakemi/

 

★Wikipediaドイツ語版のヴァッカーナーゲルのページ
https://de.wikipedia.org/wiki/Jacob_Wackernagel
英語版と比べて著作の項目が詳しいようです。

 

★Wikipedia英語版のヴァッカーナーゲルのページ
 https://en.wikipedia.org/wiki/Jacob_Wackernagel