おしらせ

最近のおしらせ

■1.話す

三中信宏×山本貴光×吉川浩満「分ける、つなぐ、で考える——分類と系統樹から見える世界」(ゲンロンカフェ、2017/09/01)

 新著『思考の体系』(春秋社)を刊行された三中信宏さん、吉川浩満くんと鼎談いたします。

 

イェスパー・ユール『ハーフリアル』(松永伸司訳、ニューゲームズオーダー)読書会準備メモ

 酒井泰斗さんと高橋未玲さんが主催する同読書会第2回(2017/07/17開催予定)で第2章前半の報告をします。その準備のためにつけている読書メモを公開中。

 

★東京工芸大学で「ゲーム学I」と「シリアスゲーム論」を担当

 7月24日で最終回となります。私の担当は今年で最終回とします。

 

★よよこーで「ゲームデザイン」講座を担当

 月に二度、代々木高等学院のフリースクールでゲームデザインの講座を担当しています。

 

★東京ネットウエイブ別科で「クリエイター入門」を担当

 月に一度、東京ネットウエイブの別科(高校課程)で講義を担当しています。

 (専門課程の非常勤講師は去年で辞めて、現在は講義を持っておりません)

 

■2.書く

池澤夏樹=個人編集「日本文学全集」第28巻『近現代作家集III』(河出書房新社、2017/07/12刊行)

 第27回配本となる同全集の月報に寄稿しました。池澤春菜さんによる「世界の形と言葉の灯台」と、拙文「宇宙全部入り――玄関から銀河帝国の滅亡まで」が掲載されています。

 

『本の雑誌』2017年8月号「知の巨人に挑む」(本の雑誌社、2017/07/10刊行)

 エッセイ「知の巨人、なれないまでも肩に乗ろう」と「わくわく知の巨人チャート!」を寄稿しました。 

 

■3.連載

「人生がときめく知の技法――賢人エピクテトスに学ぶ人生哲学」(webちくま)

 吉川浩満くんと月2回の連載中です。

 

「人文的、あまりに人文的」(「ゲンロンβ」)

 東浩紀さん編集のメールマガジン「ゲンロンβ」で、これも吉川浩満くんと対談形式で本を紹介する連載を担当しています。隔月掲載。

 

■4.つくる

モブキャストとプロ契約中

 クリエイター育成や新規ゲーム企画などに携わっています。

 

思考の体系学: 分類と系統から見たダイアグラム論

思考の体系学: 分類と系統から見たダイアグラム論

 
ハーフリアル ―虚実のあいだのビデオゲーム

ハーフリアル ―虚実のあいだのビデオゲーム

 
近現代作家集 III(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集28)

近現代作家集 III(池澤夏樹=個人編集 日本文学全集28

 
本の雑誌410号2017年8月号

本の雑誌410号2017年8月号

 
語録 要録 (中公クラシックス)

語録 要録 (中公クラシックス)

 
ゲンロンβ14: 視覚と誤配

ゲンロンβ14: 視覚と誤配

  • 作者: 東浩紀,井上明人,小松理虔,大山顕,渡邉大輔,亀山郁夫,岡田暁生,井手口彰典,山本貴光,吉川浩満
  • 出版社/メーカー: ゲンロン
  • 発売日: 2017/05/27
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る