おしらせ

★新刊

・メアリ・セットガスト『先史学者プラトン』(國分功一郎序文、山本貴光+吉川浩満訳、朝日出版社、2018/04)重版出来!

・三宅陽一郎+山本貴光『高校生のためのゲームで考える人工知能』(ちくまプリマー新書、筑摩書房、2018/03)発売中

・『文学問題(F+f)+』(幻戯書房、2017/11)発売中

 

★イヴェント

・「本棚会議vol. 2 『先史学者プラトン』刊行記念」(ジュンク堂書店池袋本店、2018/05/25 19:00-)

・「ゲーム講座」(代々木高校東京本部、2018/05/20 13:30- )

 

★寄稿

・「知の果て、至上の時」(『波』2018年6月号)マーカス・デュ・ソートイ『知の果てへの旅』(冨永星訳、新潮クレスト・ブックス)の書評を寄稿しました。

マーカス・デュ・ソートイ『知の果てへの旅』(冨永星訳、新潮クレスト・ブックス)の裏表紙に推薦文を寄稿しました。

・連載「季評 文態百版」(『文藝』、河出書房新社)

・「帰る場所のない人類学者」(後藤明生『引揚小説三部作』、つかだま書房、2018/04)

・『STUDIO VOICE』vol.412「特集=ドキュメンタリー/ノンフィクション ~見ようとすれば見れるのか~」(INFASパブリケーションズ、2018/03/20刊行予定)に寄稿しました(取材・構成・執筆=山本ぽてとさん)。

・『學鐙』(丸善)2018年春号に「言葉の組立て」を寄稿しました。

 

★連載中

・「人生がときめく知の技法」(吉川浩満と共著、webちくま、隔週)
 http://www.webchikuma.jp/category/chinogihou

・「人文的、あまりに人文的」(吉川浩満と共著、「ゲンロンβ」隔月)
 https://genron-tomonokai.com/beta/

・「マルジナリアでつかまえて」(『本の雑誌』)

・「プロムナード」(「日本経済新聞」夕刊、毎週火曜日、2018/01 - 2018/06)