おしらせ

★新刊

・メアリ・セットガスト『先史学者プラトン』(國分功一郎序文、山本貴光+吉川浩満訳、朝日出版社、2018/04)重版出来!

・三宅陽一郎+山本貴光『高校生のためのゲームで考える人工知能』(ちくまプリマー新書、筑摩書房、2018/03)発売中

・『文学問題(F+f)+』(幻戯書房、2017/11)発売中

 

★イヴェント

・07/20 三中信宏+吉川浩満+山本貴光「知はいかに体系化されるか」(ゲンロンカフェ)

・07/22「ゲーム講座」(代々木高校東京本部)

・08/05 安田登+山本貴光「文字とからだの密かな関係」(青山ブックセンター)

・08/18 三宅陽一郎+山本貴光「プラトンvs人工知能」(双子のライオン堂)

 

★寄稿

・連載「季評 文態百版」第2回(『文藝』、河出書房新社)

 ・「「自己本位」という漱石のエンジン」(「αシノドス」vol. 246)を寄稿しました。

・「教養の更新のために」(『ちくま』2018年6月号)大澤聡『教養主義の知はビリテーション』(筑摩書房)の書評を寄稿しました。

・「知の果て、至上の時」(『波』2018年6月号)マーカス・デュ・ソートイ『知の果てへの旅』(冨永星訳、新潮クレスト・ブックス)の書評を寄稿しました。

マーカス・デュ・ソートイ『知の果てへの旅』(冨永星訳、新潮クレスト・ブックス)の裏表紙に推薦文を寄稿しました。

・「帰る場所のない人類学者」(後藤明生『引揚小説三部作』、つかだま書房、2018/04)

 

★連載中

・「人文的、あまりに人文的」(吉川浩満と共著、「ゲンロンβ」隔月)

・「マルジナリアでつかまえて」(『本の雑誌』)

・「季評 文態百般」(『文藝』)