★072/1020:『ナイトランド・クォータリー』第17号(アトリエサード、2019/05/31)

★072/1020:『ナイトランド・クウォータリー』第17号(アトリエサード、2019/05/31)

f:id:yakumoizuru:20190814141212j:plain

第17号の特集は「ケルト幻想――昏い森への誘い」。

チーフエディターをお務めの岡和田晃さん、インタヴュー、翻訳、評論、ブックガイドと大活躍。

 

目次

・表紙作品:戸田和子(うつのみや妖精ミュージアム所蔵)

・いわためぐみ「昏い森への誘い――ケルト幻想に寄せて」

・アーサー・マッケン「変容」(遠藤裕子訳)

・ピエール・コムトワ「幻の巻狩」(大和田始訳)

・ジェレマイア・カーティン「聖マーティン祭前夜 (ジョン・シーハイによって語られた話)」(下楠昌哉訳)

・ジェフ・C・カーター「かかる警句のなきがゆえに」(待兼音二郎訳)

・デイヴィッド・テラーマン「木の葉のさだめ」(待兼音二郎訳)

・リサ・L・ハネット「食べさせてあげなきゃ」(徳岡正肇訳)

・アンジェラ・スラッター「赫い森」(岡和田晃訳)

・橋本純「いつか野に咲く麦になるまで」

・松本寛大「ケルトの馬」

・岡和田晃「Night Land Gallery うつのみや妖精ミュージアム 常若の国への招待状」

・「井村君江インタビュー"General Literature"としての幻想文学とケルト研究」(岡和田晃構成)

・深泰勉「ケルト妖精譚とホラー映画の微妙な関係」

・いわためぐみ「カナザワ映画祭が東京で「大怪談大会」を開催!」

・藤原ヨウコウ「~夜の国の幻視録 その1~「Visionary celtic」」

・岡和田晃「アーサー・マッケンから流れる、ケルト精神の水脈――「パンの大神」、『翡翠の飾り』、ヘレン・マクロイ『牧神の影』」

・朝松健「深き森の闇より――ケルト文芸復興・魔術結社・幻想作家を巡る装飾的夢想」

・徳岡正肇「Hellblade: Seuna's Sacrifice――「闇」と戦うピクトの女戦士が歩む、復讐と幻想の旅路」

・徳岡正肇「ボードゲーム「ケルト(Keltis)」レビュー ――ドイツの数学者が幻視したケルトとは」

・深泰勉「アイリッシュミュージックの歌姫の浸透と拡散」

・岡和田晃「ブックガイド」

 ・ケルトな幻想児童文学への招待

 ・M・ジョン・ハリスン〈ヴィリコニウム〉シリーズと転覆の美学

 ・「ケルト幻想」の淵源を知るために ──豊穣なる「ケルト研究」の世界

 ・今号のケルト幻想ホラー小説群を、より広い視座から味わい尽くすために

 

athird.cart.fc2.com