おしらせ 2022年版

★書籍

・【単著】『マルジナリアでつかまえて2』(本の雑誌社、2022/05/17)

・【寄稿】『グラフィックデザイン・ブックガイド』(グラフィック社、2022/03/08)

・【編著】『世界を読み解く科学本』(河出文庫、2021/11/20)

・【共著】『人文的、あまりに人文的――古代ローマからマルチバースまでブックガイド20講+α』(吉川浩満と共著、本の雑誌社、2021/01/22)

・【単著】『記憶のデザイン』(筑摩選書、筑摩書房、2020/10/15)

・【単著】『マルジナリアでつかまえて――書かずば読めぬの巻』(本の雑誌社、2020/07/31)

・【共著】『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。――古代ローマの大賢人の教え』(吉川浩満と共著、筑摩書房、2020/03/14)

・【翻訳】ケイティ・サレン+エリック・ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ――ゲームデザインの基礎』(全4分冊、山本貴光訳、ニューゲームズオーダー、2019)

 

★連載中

・「文芸的事象クロニクル」(『文藝』、河出書房新社)

・「古典再訪」(『しししし』、双子のライオン堂)

・「『本を読む本』を原書で読んでみる」(『手のひら』、本の雑誌社)

・「文学のエコロジー」(『群像』、講談社)

「世界の文芸誌から」(「Web本の雑誌」、本の雑誌社)

「岩波文庫で読む「感染症」」(note「コロナの時代の想像力」、岩波書店)

「ゲームを遊ぶとき何が起きているのか」(「晶文社スクラップブック」、晶文社)

「異界をつなぐエピグラフ」(創元社note部、創元社)

 

★講義の予定

・哲学B、立志プロジェクト(東京工業大学)

・ゲーム講座(月2回)

 

★イヴェントの予定

・確定したらお知らせします。

新著:『マルジナリアでつかまえて2 世界でひとつの本になるの巻』(本の雑誌社)

『本の雑誌』(本の雑誌社)に連載した「マルジナリアでつかまえて」をまとめた第2弾『マルジナリアでつかまえて2』が5月下旬に刊行されます。

今回も前巻と同じく、カラー蔵書探検のページと書き下ろしを加えております。

お楽しみいただければこれ幸い。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

下記リンクは、本の雑誌社の通販サイトです。

honnozasshi.stores.jp

古代のアリストテレス注釈者たち

「古代のアリストテレス注釈者たち(Ancient Commentators on Aristotle)」シリーズは、アリストテレスの著作に注釈を施した人びとの著作を英語に翻訳して提供するもので、シリーズの編集はリチャード・ソラブジ(Richard Sorabji)氏とマイケル・グリフィンMichael Griffin)氏による。

Bloomsburyから刊行中で、同社のメールマガジンで最新刊のお知らせがあったのをここにもメモ。

シンプリキオスによるアリストテレス『自然学』(全8巻)への注釈は、同シリーズで全12分冊で刊行で、このたび最後の巻が出たようです。また、注釈全巻の翻訳についての概説も併せて刊行とのこと。

Simplicius: On Aristotle Physics 1.1-2, Translated by Stephen Menn, 2022.05

Simplicius: On Aristotle Physics 1-8: General Introduction to the 12 Volumes of Translations, Translated by Stephen Menn, 2022.05

Simplicius: On Aristotle Physics 1–8 cover

また、今回新たにペーパーバック版が刊行された書目は以下の通り。

Themistius: On Aristotle Metaphysics 12, Translated by Yoav Meyrav, 2022.05

すでに相当の巻数が刊行されており、集め読むのは大変そうだけれど、折々に必要が生じたところを読んでみたいと思っております。

同プロジェクトのウェブサイトはこちら。

www.ancientcommentators.org.uk

 

動画:「哲劇のあいうえ」

吉川浩満くんとお送りしている「人文的、あまりに人文的」#105は、「哲劇のあいうえお「検索」」の回です。

「ドゥルーズのabc」を真似して、「あ」から順に言葉をとりあげて、二人でおしゃべりするというシリーズです。

www.youtube.com

書店、始めます(PASSAGE by ALL REVIEWS)

といっても、お店を始めるわけではなくて、フランス文学者の鹿島茂さんがプロデュースする共同書店PASSAGE by ALL REVIEWSに、吉川浩満くんとともに棚を借りたのでした。

店内の棚には住所が振られており、「哲学の劇場(山本貴光+吉川浩満)」名義で「デカルト通り3番地」です。

随時、あれこれ本を追加したいと思います。

場所は、神保町(東京都千代田区神田)です。

どうぞよろしくお願い申しあげます。

 

イヴェント:「歩くようなはやさで生きる人のためのリベラルアーツ」第4回 永井玲衣さん

シブヤ大学のZINE制作プロジェクト「歩くようなはやさで生きる人のためのリベラルアーツ」第4回は「対話する」をテーマに、永井玲衣さんにお話を伺います。

聞き手は、吉川浩満くんとわたくしです。

詳細は下記リンク先からどうぞ。

www.shibuya-univ.net