おしらせ 2022年版

★書籍

・【単著】『マルジナリアでつかまえて2』(本の雑誌社、2022/05/17)

・【寄稿】『グラフィックデザイン・ブックガイド』(グラフィック社、2022/03/08)

・【編著】『世界を読み解く科学本』(河出文庫、2021/11/20)

・【共著】『人文的、あまりに人文的――古代ローマからマルチバースまでブックガイド20講+α』(吉川浩満と共著、本の雑誌社、2021/01/22)

・【単著】『記憶のデザイン』(筑摩選書、筑摩書房、2020/10/15)

・【単著】『マルジナリアでつかまえて――書かずば読めぬの巻』(本の雑誌社、2020/07/31)

・【共著】『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。――古代ローマの大賢人の教え』(吉川浩満と共著、筑摩書房、2020/03/14)

・【翻訳】ケイティ・サレン+エリック・ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ――ゲームデザインの基礎』(全4分冊、山本貴光訳、ニューゲームズオーダー、2019)

 

★連載中

・「文芸的事象クロニクル」(『文藝』、河出書房新社)

・「古典再訪」(『しししし』、双子のライオン堂)

・「『本を読む本』を原書で読んでみる」(『手のひら』、本の雑誌社)

・「文学のエコロジー」(『群像』、講談社)

「世界の文芸誌から」(「Web本の雑誌」、本の雑誌社)

「岩波文庫で読む「感染症」」(note「コロナの時代の想像力」、岩波書店)

「ゲームを遊ぶとき何が起きているのか」(「晶文社スクラップブック」、晶文社)

「異界をつなぐエピグラフ」(創元社note部、創元社)

 

★講義の予定

・「社会・人間科学特別講義SB1」(東京工業大学)

・ゲーム講座(月2回)

 

★イヴェントの予定

・確定したらお知らせします。

イヴェント:「世界を変えた書物」展

「世界を変えた書物」展が、金沢21世紀美術館にて開催予定です。

また、特別展示として「手稿の中の宇宙 レオナルド・ダ・ヴィンチを旅する」も併催されます。会期は2022年10月21日から11月6日。

アートディレクションは、白井敬尚さん。私は橋本麻里さんとともに監修で携わっております。

 

www.kanazawa-it.ac.jp

出版:『世界を変えた書物』(小学館)

「世界を変えた書物」展の公式図録『世界を変えた書物 人類の知性を辿る旅』(山本貴光著+橋本麻里編、小学館)が、10月半ばに発売予定です。

装幀・デザインは、白井敬尚形成事務所、版元は小学館。

書影は、「世界を変えた書物」展の公式ウェブサイトから。

発行部数は、少々控え目のようですので、気になる方はお早めにどうぞ。

といっても、中を見ないと判断できませんよね……。見本ができてきたら、中身もご紹介したいと念じております。

www.shogakukan.co.jp

岩波文庫 青001:世阿弥

蔵書の整理がてら記録をつけてみます。

といっても、気の長い話なので、どうなるかまったく分かりませんけれど。

まずは岩波文庫の青帯を番号順に。ついでに関連文献をいくつか。

版元のウェブサイトに当該書のページなどがある場合はリンクを貼ります。

 

■青001:世阿弥(1364? - 1443)

1:『風姿花伝 花伝書』(野上豊一郎+西尾実肯定、1958.10.25)

2:『申楽談儀』(表章校註、1960.04.05)

3:『能作書/覚習条条/至花道書』(野上豊一郎校訂、1931.07.15)

 

■世阿弥作品

★『日本古典文学大系40 謡曲集 上』(横道萬里雄+表章校注、岩波書店、1960)

★『日本古典文学大系65 歌論集 能楽論集』(久松潜一+西尾実校注、岩波書店、1961)

★『日本の名著10 世阿弥』(山崎正和編、中央公論社、1969)

★『日本古典文学全集33 謡曲集1』(小山弘志+佐藤喜久雄+佐藤健一郎校注・訳、小学館、1973)

★『日本古典文学全集34 謡曲集2』(小山弘志+佐藤喜久雄+佐藤健一郎校注・訳、小学館、1975)

★『日本古典文学全集51 連歌論集・能楽論集・俳論集』(伊地知鐵男+表章+栗山理一校注・訳、小学館、1973)

★『日本思想大系24 世阿弥 禅竹』(表章+加藤周一編、岩波書店、1974;オンデマンド、2016)

★『新潮日本古典集成 世阿弥芸術論集』(田中裕校注、新潮社、1976;新装版、2018)
 『風姿花伝』『至花道』『花鏡』『九位』『世子六十以後申楽談儀』

★『世阿弥自筆能本集 影印篇・校訂篇』(表章監修、月曜会編、岩波書店、1997)

 

■関連文献

★『岩波講座 能・狂言』(全7巻+別巻、横道萬里雄+小山弘志+表章編、岩波書店、1987-1992)

 

*蔵書に含まれる能・狂言関連文献については、また別途整理。

「哲学の劇場」チャンネル登録者数5000人記念企画

2022年9月23日(金)の夜、吉川浩満くんと開設しているYouTubeチャンネル「哲学の劇場」のチャンネル登録者数5000人を記念して、マルジナリア書店からライヴ配信を行いました。

 

 

マルジナリア書店で当日、吉川くんともども5冊(組)ずつ選んだ本のプレゼント企画もありますので、お楽しみいただけましたら幸いです。応募フォームは、下記YouTubeのページの概要欄に記してあります。締切は9月30日です。

トークのほうは、いつも通り、ゆるゆるです。

このたびも、マルジナリア書店の小林えみさんのお世話になりました。ありがとうございます。

 

www.youtube.com

yorunoyohaku.com

デジタルゲーム学@和洋女子大学

去年につづいて、今年も和洋女子大学で、「デジタルゲーム学」を担当します。

昨年度はオンデマンド講義でしたが、今年は対面授業です。

9月23日(金)が第1回で、はじめて同大学にも訪れました。

千葉県の市川市にあり、JR市川駅が最寄り駅(のひとつ)のようです。

初回はイントロダクションとして、簡単な自己紹介と講義の概要と狙いについてお話ししました。「デジタルゲームで遊ぶとき、何が起きているのか」、「ゲームのプレイ体験をどのように捉えることができるか」がテーマです。

そうそう、教室に黒板があるのがうれしいです。新しいことや未知のことを学ぶとき、チョークで書きながら話すペースというのは存外肝心であると感じているのでした。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

⇒和洋女子大学
 https://www.wayo.ac.jp/

「潜るあいだに歩いたり」(エッセイ)

「日本経済新聞」2022年9月18日号の文化欄に、エッセイを書きました。

「潜るあいだに歩いたり」と題して、日曜日のくつろいだ時間の読物をめざして書いてみております。

普段あまりこういう種類の文章を書いていないので、ちょっと新鮮な気分です。

 

www.nikkei.com