小学館

★亀山郁夫『大審問官スターリン』(小学館、2006/02/20、ISBN:4093875278) 仮に、これまで地上に生まれて死んでいった人びと、生きている人びとの経験の総体というものを想像できるとしてみよう。そこには無数の「藪の中」のような状況がある。「藪の中」と…

#つづく

★山本英夫『ホムンクルス 5』(小学館、2005/02)#0289 トレパネーション(頭蓋に孔をあける施術)を受けた男が、人間の情緒や欲望を透かして見る能力を獲得。さてどうなるか、という話なのだが、管見では第3巻あたりから大きく失速して、本巻ではもはやなに…