2024年これからの予定

2024年の予定を記します

*リンクは、当ブログの記事へのものです。

■イヴェント

05/22:斎藤哲也+吉川浩満+山本貴光「哲学入門書に入門する」(紀伊國屋書店新宿本店)

 

■執筆

・【翻訳】DK社編『哲学ってなんだろう?』(拙訳、東京書籍、2024/03/08)

・【解説】エリック・ジマーマン『遊びと創造』(高崎拓哉訳、BNN、2024/04/17)

■終了

★イヴェント

05/19:「文学フリマ東京38」

05/12:小津夜景+山本貴光「本という地図、読むことと書くこと」(本屋B&B)

03/28:川名晋史+山本貴光「日本に130の米軍基地がある意味とは 中公新書『在日米軍基地』刊行記念トークイベント」(丸善ジュンク堂書店)

03/17:柴崎友香+谷川嘉浩+ドミニク・チェン+山本貴光「記憶のデザイン 過去と未来のあいだ」(DISTANCE.media)

03/09-10:INSTeM CONVENTION

03/02-03:利他学会議

02/14:長谷川祐子+本橋仁+山本貴光「『デジタル・バイツ』出版記念対談」(代官山蔦屋書店)

02/02:ニコニコ美術館「恵比寿映像祭2024 月へ行く30の方法」(進行)

01/14:宮崎智之+山本貴光「これから吉田健一の話をしよう」(本屋B&B)

 

★執筆

【推薦文】シン・ジュヒョン『シリアスゲームの社会的受容を問う 韓国の事例にみる「ゲーム」と「教育」の社会文化的研究』(福村出版、2024/02/15)

【寄稿】「遊びの力で研究する」(『コモンズ』第3号、未来の人類研究センター、2024/02/15)

【寄稿】「世界の果てから考える ─ デジタルゲームという潜在性を探るあそび」(長谷川祐子監修、金沢21世紀美術館編『デジタル・バイツ アート&テクノロジーの摂り方』(BNN、2024/01/15))

【連載】「文芸的事象クロニクル 2023.09-2023.11」(『文藝』2023年春季号、河出書房新社、2024/01/06)

【制作】「世界を変えた書物2024」カレンダー(金沢工業大学)