読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バッファーは大事

当たり前のことだけれど、ずっと健康で多少の無理もきくという前提で、綱渡りのような、あるいは緻密な嵌め木細工のような予定を組んではダメね……。

 

ひとつ予定が崩れると、あとも全部崩れちゃうのではいけませぬ。多少計画に狂いが生じてもなんとかできるような余白を持っておかないと。

 

来年は、適度に休むことを目標に予定を立てたいと思います。そうね、月に一度くらいは気散じに小旅行でもしましょうか。

「知は巡る、知を巡る――西周とまわる学術の旅」

work event

外での仕事で使っていたSurface Pro2が起動しなくなり、自宅のネット環境で使っている装置のクレードルが壊れ、お気に入りのシャーツのボタンはとれ、やってもやっても仕事は減らず(これはいいのか)、気づけば11月も終わるところ。みなさまご機嫌いかがお過ごしでしょうか。

12月2日(金)の夜、Tsuwano T-space(島根県津和野町東京事務所)の主催で行われるイヴェント「知は巡る、知を巡る――西周とまわる学術の旅」に登壇いたします。

今年の夏に『「百学連環」を読む』(三省堂)を刊行して以来、さまざまなイヴェントを企画していただきましたが、これが締めくくりとなりそうです。

自分でも、まさか2016年になって、西周や百学連環についてこんなに話す機会が巡ってこようとは思ってもおりませんでした。

 

当日は下記のような予定になっております。

★過去編「西周と津和野藩校養老館」
 山岡浩二(津和野町郷土史家、浙江大学城市学院 客座教授)

★現在編「西周 翻訳の妙技」
 石井雅巳(在野研究者、津和野町町長付)

★未来編「学術の地図作成法――わける・ならべる・つなげる」
 山本貴光(文筆家)

★質疑・全体ディスカッション

こんな告知画像もつくっていただきました。

(西先生が出演するわけではありませんのでご注意ください) 

http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/11/161202_tsuwano_l.jpg

既に満席となっており、それならどうしてブログに投稿したのじゃという話でありますが、備忘がてら記す次第です。あしからず。

 

⇒facebook > Tsuwano T-space > 同イヴェントについて
 https://www.facebook.com/events/581635985378302/

⇒三省堂ワードワイズ・ウェブ > 同イヴェントについて
 http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/2016/11/25/20161202%E7%9F%A5%E3%81%AF%E5%B7%A1%E3%82%8B%E3%80%81%E7%9F%A5%E3%82%92%E5%B7%A1%E3%82%8B%E2%80%95%E8%A5%BF%E5%91%A8%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8B%E5%AD%A6%E8%A1%93%E3%81%AE%E6%97%85/

 

「百学連環」を読む

「百学連環」を読む

 

 

ミームデザイン学校で寄藤文平さんと講義します

work lecture

中垣信夫校長率いるミームデザイン学校で、寄藤文平さんとともに講義を担当いたします。

デザインベーシックコースの一環で全5回の予定です。

ちょっと大風呂敷を広げて、百科事典、世界像、デザインというキーワードを中心にああでもないこうでもないと考えながら、聴講者のみなさんと議論を交わしたり、関連するワークショップを行います。

寄藤さんとの対話は、いつもどこへ到着するのか、自分たちでも分からないまま歩いて行く散歩のような楽しさに満ちています。なにかを手探りしながら、自分の頭で考えたり、自分の手でつくってゆく楽しさであります。

お聴きのみなさんもこの創造的カオスを一緒に楽しんでいただけたら幸いです。

 

⇒ミームデザイン学校
 http://www.memedesign.org/

 

⇒文平銀座
 http://www.bunpei.com/

「私の好きな中公新書3冊」

work book

「web中央公論」の「私の好きな中公新書3冊」のコーナーに寄稿しました。

中公新書は、新書のなかでも一番たくさん読んでいるだけに、3冊しか選べないのは大変です。どうやって選んだらいいのだ!? とお送りいただいた全書目リスト(約2400冊)を見ながら(既読のものにチェックを入れながら)悩むこと小一時間。

どうしたら3冊を選びながら、中公新書のいいと思うところをお伝えできるだろうか。

そこで書いてみたのがこの小文でございます。

www.chuko.co.jp

 

ゲームをするとき、子どもの心に起きていること

work lecture

11月23日(水)は、代々木高等学校で教育セミナーに登壇して参りました。

テーマは「ゲームをするとき、子どもの心に起きていること」

 

子どもたちはなぜゲームに没頭するのか。頭ごなしに「ゲームばっかりしてないで勉強しなさい」と言っても、「はいそうですか」と勉強をする子どもは少ないと思います(それなら古来誰もこのモンダイで苦労していない道理です)。

 

ではどうしたらよいか。直接の解決法ではありませんが、例えば、なぜゲームは楽しいのかを知ると、そうした子どもとの付き合い方も変わってくるかもしれません。

 

というわけで、今回のセミナーでは、そもそもゲームとはなんなのか、人はどうして少なくともこの五千年ばかりのあいだゲームを手放さず遊んできたのかといったことからはじめて、ゲームで遊ぶとき心身に何が起きるのかということを考えてみました。

 

このことを実感するために、途中1時間ほどを使って、ご参加のみなさんにトランプの「大富豪」をプレイしてもらい、プレイ中の自分の心身になにが起きているかということを観察する、という課題に取り組んでみました。

 

当日は、ご参加のみなさんに、7ページばかりの資料をお配りしました。ゲームの定義、ゲームの影響に関する論文の抜粋、「大富豪」のルール、関連ブックガイド(20作品)を記したものです。

 

双子のライオン堂より『草獅子』創刊

work book

書店、双子のライオン堂が創刊した文芸誌『草獅子(そうしし)』創刊号が11/23に刊行されます。

特集は「終末。あるいは始まりとしてのカフカ」。

 

f:id:yakumoizuru:20161122221539j:plain

 (書影は、下記公式サイトのものです)

 

私は特集とは別に書評「絶望から始める文学論」を寄稿しました。

とりあげたのは夏目漱石の『文学論』です。

当初、書評の枠でご依頼をいただいたのですが、蓋を開けてみたら、他の評者たちが現代の作品をとりあげているなか、一人だけ100年前の本を俎上に載せたためか、「書評」コーナーとは別の「古典再読」というコーナーに入れていただきました。お手数をおかけして恐縮至極でございます。

 

詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

 

⇒本屋発の文芸誌『草獅子』/公式サイト
 http://soushishi.liondo.jp/

 

⇒双子のライオン堂
 http://liondo.jp/

POST-TRUTH

「オックスフォード辞典2016年の言葉」(Oxford Dictionaries Word of the Year 2016)は、POST-TRUTHとのこと。

post-truth adjective

Relating to or denoting circumstances in which objective facts are less influential in shaping public opinion than appeals to emotion and personal belief.

インターネット上に無数の人による無数の文字や文章が特に取捨選択されることもないままに投稿され、互いの目に入るようになったこととも関係がありそうね。真か偽かとは関係なく、ともかく言葉が並ぶ場所だけに。

 

⇒Oxford Dictionaries
 https://www.oxforddictionaries.com/press/news/2016/11/17/WOTY-16