河出書房新社

★阿部嘉昭『成瀬巳喜男——映画の女性性』(河出書房新社、2005/08、amazon.co.jp) 今年生誕100年を迎える、映画監督についての書き下ろし。女性を描くことに定評のあった名匠の映画術を、『浮雲』をはじめ12作品を中心に、さまざまな「映画の女性性」を考察。…

★笙野頼子『徹底抗戦! 文士の森——実録純文学闘争十四年史』(河出書房新社、2005/06、amazon.co.jp) 純文学をめぐる論争文を集めた前作『ドン・キホーテの「論争」』(講談社、1999/11、amazon.co.jp)、純文学を外側から勝手に定義するさまざまな勢力との…

★ジョン・B.ワトソン『行動主義の心理学』(安田一郎訳、現代思想選6、河出書房新社、1980/07、amazon.co.jp)#0317* John B. Watson, Behaviorism (Norton & Company, 1930) 行動主義(Behaviorism)の創始者ジョン・B.ワトソン(John B. Watson, 1878-1958…

★スラヴォイ・ジジェク+グリン・デイリー『ジジェク自身によるジジェク』(清水知子訳、河出書房新社、2005/02、amazon.co.jp)#0246 Slavoj Zizek+Glyn Daly, Conversations with Zizek (Polity, 2004, amazon.co.jp) 本当は映画作家になりたかったジジェ…

★平沢剛編『アンダーグラウンド・フィルム・アーカイブス』(河出書房新社、2001/07、amazon.co.jp)#0213 政治も文化も、 あらゆるジャンルが熱く、 共振しあっていた60年代から70年代、 映画のアンダーグラウンド・シーンもまた 混沌とした才能が集まり、 …

★稲葉真弓『エンドレス・ワルツ』(河出書房新社、1992/03; 河出文庫、河出書房新社、1997/08、amazon.co.jp)#0141* サックス・プレイヤー阿部薫(あべ・かおる, 1949-1978)と元女優で作家の鈴木いづみ(1949-1986)の出会いと別れと死を描いた小説。若松…